料亭 左阿彌 - KYOTO MARUYAMA PARK SAAMI

歴史・由来

京の歴史とともに

 

東山の庵に左阿彌が誕生したのは、元和元年のこと、織田信長の甥である織田頼長により、安養寺の末寺として建てられました。
頼長の父は、茶人の織田有楽斎。頼長も又、雲生寺道八と号し、この地で茶事を極めたと云います。
江戸時代、安養寺のある東山あたりは、遊興の地として大変なにぎわいでした。中でも左阿彌は、安養寺「円山の六坊」の一つと数えられ、文人墨客の集うところとなり風流の限りが尽くされたと伝えられています。

左阿彌が料亭を始めたのは嘉永二年。
明治維新以降、御前会議にも使われました。
有栖川総督宮や山県有朋参与が止宿され、頼山陽先生や土田麦僊画伯によってこよなく愛されました。
さらに、川端康成や志賀直哉の文豪をお迎えし、作品『暗夜行路』・『古都』にも左阿彌がでてまいります。京都を描いた名作の作家らも、ここで京都の風情を楽しみました。

 

         左阿彌の建立

左阿彌が建立された元和元年。西暦では1615年であり、今から400年程昔になります。主な出来事としては、1600年の徳川家康の覇権を決定付けた『関が原の戦い』、1603年の征夷大将軍の徳川家康による江戸幕府の創設、1611年後陽成天皇が譲位し、その後、第108代後水尾天皇となる。1615年『大阪夏の陣』があげられます。

  

          織田頼長

織田信長の弟である織田長益(有楽斎)の第2子(嫡子)です。大坂冬の陣で、長益(有楽斎)と従姉妹の淀君とともに大坂城に籠城し、二の丸玉造口などを守備されました。1万人あまりの部隊を指揮したといわれています。1615年の大阪夏の陣前に大阪城を退去され、入道し織田道八と名のり、茶人として左阿彌に隠居されるようになります。千利休茶道を学び、利休十哲の一人とされる織田長益(有楽斎)が創始した有楽流を継承されました。

 

       左阿彌の料亭としての創業

左阿彌創業の嘉永2年というのは、西暦1849年のことであり今から160年余り昔になります。主な出来事としては、嘉永6年(1853)ペリー艦隊来航 安政4年(1857年)江戸幕府の大老井伊直弼による安政の大獄が始まる 安政7年(1860年)桜田門外の変 文久2年(1862年)寺田屋騒動 文久3年(1863年)新撰組結成があげられます。現在の円山公園内になる1886年以前、円山に安養寺の塔頭の、多蔵庵春阿弥、延寿庵連阿弥、花洛庵重阿弥、多福庵也阿弥、長寿院左阿弥、勝興庵正阿弥、があり「円山の六坊」と呼ばれていました。塔頭は後に遊覧酒宴の宿となり、僧坊は貸し席、料亭に変わっていきました。重阿弥では、赤穂浪士により、吉良上野介の首を討ち取ることが決定した円山会議が開かれています。左段上から3つ目の写真、世阿弥は、連阿弥、重阿弥を合併し、京都で始めてのホテル、也阿弥ホテルになりました。春阿弥は、1877年に温泉場となり、1906年に焼失しました。左阿彌も明治維新以降の御前会議(明治期から太平洋戦争終結時まで国家の緊急な重大事件に際し,天皇の出席のもとに行われた元老,主要閣僚,軍部首脳の合同会議をいい、重要な国策を決めた会議)に使われました。
六阿彌のうち左阿彌のみが今に至るまで料亭として残りました。           

料亭 左阿彌 イメージ

料亭 左阿彌 イメージ

料亭 左阿彌 イメージ